frat.jpフォーラム
http://frat.jp/forum/

端正な生活、について
http://frat.jp/forum/viewtopic.php?f=7&t=14
ページ 11

作成者:  fratdrive [ 2014年9月18日(木) 09:15 ]
記事の件名:  端正な生活、について

端正な生活、とか、端正な暮らし、といったフレーズやイメージが、ここのところ僕の脳裏にくりかえし出て来る。

端正。僕が言っているのは容貌、容姿のことではない。
辞書には、
引用:
「姿・形や動作などが正しくてきちんとしていること。また、そのさま。」

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/140207/m0u/
とある。

居酒屋紀行の番組の太田和彦さんを僕はとても好きなんだけど、たとえばそんなイメージ。
…といっても、観てない人にはわからないか。

最近、僕はよく、近所の小さな神社に、散歩がてらお参りをする。鳥居からまっすぐ先に本殿があって、そのたたずまい全体がとても端正で、自然と姿勢を正す。その、「すっ」とした感じ、といったらいいか。

僕らは常日頃、いろんな感情や思考に振り回されていて、酔っ払ってフテ寝をしたい時もあるし、じっさいそうしてるんだけど、ブレない基本線、とでもいうものがあると、それだけで毎日をやっていけそうな気もする。

(端正な暮らしの基本はまず整理整頓に掃除、かな。少し気を抜くとダメだなあ…)

作成者:  fratdrive [ 2014年9月25日(木) 18:49 ]
記事の件名:  Re: 端正な生活、について

「端正」で探したら見つけたムック、別冊天然生活vol.1「ものづくり生活 人気作家8人の「端正な暮らし」と「創作の根っこ」を公開」(2011年)の「はじめに」を以下。
引用:
『天然生活』という雑誌を制作していて、思うことがあります。
それは「ものづくりをしている人たちは、生活が美しい」ということ。
生活空間は整えられ、毎日の食事に手をかける、そして何より仕事場が美しい。
それは、木工作品、陶磁器、ガラスなど、つくるものが違っていても共通することです。
ものをつくることと、生活を整えることの間には何か関係があるのでは?
そんな疑問から、この本は生まれました。
8人の作家の作品と生活を取材していくうちに、見えてきたことは……。
作品にも、生活にも真摯に向き合うこと。
毎日、同じものをつくりつづけ、それでもお座なりにならないこと。
手を動かすのを楽しむこと。
一生懸命でも、がんばってでもなく、あえていえば「十分に生きる」。
日々の暮らしを大切にする、ていねいな気持ちがありました。

批判を先にいうと、おそらくこの企画は、先に結論ありきだろう。あるいは、「こうであってほしい」という妄想で現実を塗りこめた、きらいがないわけでもないような気がする。
そして、この考え方はある意味で窮屈で、理想を追って自己規制をかけたり、あるいは自己嫌悪に陥りがちで、危険でもある。
でも、最後から2行目の「十分に生きる」というフレーズがとてもいいなと思って、ここに全文引用させていただきました。

ページ 11 All times are UTC + 9 hours
Powered by phpBB® Forum Software © phpBB Group
https://www.phpbb.com/