frat.jpフォーラム

吉見直人が主宰するフォーラム
現在時刻 - 2017年12月13日(水) 21:59

All times are UTC + 9 hours




新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 3 件の記事 ] 
作成者 メッセージ
投稿記事Posted: 2014年7月31日(木) 17:34 
オフライン
管理人

登録日時: 2014年7月25日(金) 11:06
記事: 72
拙著の書名は『終戦史』。
これは、執筆中、ずっと僕の頭の中でリフレインで鳴っていたフレーズを、そのまま書名にしてもらったものだ。
日本語で「終戦」といえば、昭和20年夏の戦争終結しかない。したがって、半ば固有名詞化した「終戦」というフレーズを用い、昭和20年夏の日本の戦争終結に至るプロセスを追った内容として、あえて「終戦」とカギカッコで囲むことはせず、シンプルに「終戦史」とした。

「終戦、ではなく、敗戦である」
「終戦と呼び変えることはゴマカシに過ぎない」
こうした主張が根強く存在する。
僕も、その主張には、半分くらい賛成だ。それについては、拙著p321「「終戦」は誰を納得させるものだったのか」に書いたので、参照していただきたい。

一方、その主張に全面的に賛成できない理由が2つある。

その1。
局地的な戦闘に関しての勝ち負けは明白だが、とりわけ国家の総力戦となった近現代の戦争において、戦争を終わらせるのは、戦っている当事国間での政治的な判断となる。
一方が「負けた」と認めない限り、戦争は終わらない。終わらない限り、敗戦にもならない。
もちろん、この論理の行き着く先は、いつまでも負けを認めたくない→徹底抗戦→国家の滅亡、という最悪のコースであり、単に「敗戦」という言葉で済ませることができないような、悲惨な事態の現出であるのだけど。

その2。
「終戦」という表現は、当時の日本人に、どう受け止められたのだろうか。
いま想像するニュアンスは、「あー終わったー!」と、ほっとしたというか、そんな感じだったりする。それまで、空襲や疎開や食糧不足に苦しんだことからすると、そういう感情もあったのだろうと思う。一方、「あー終わってしまったー」と嘆く、逆の受け止め方もあったのだろう。戦闘行為が終わったというにとどまらず、これまでの日本が、日本人が、一等国を目指してしゃにむに走り、世界の列強と伍して、肩をつっぱらせて張り合ってきた、明治以来の「頑張り」が、終わりを告げたという受け止め方はなかったか。また、一般市民はともかく、兵士にとっては、この先どんな過酷な運命が自分たちに待ち受けているか、という強烈な不安に襲われたことだろう。「日本が、終わった」と、「敗戦」以上に事態を深刻に受け止めた向きがあったのではないだろうか。
…ということをつらつらと考えると、「単なる敗戦」ではなく、様々なニュアンスがそこに込められているかもしれない「終戦」のほうが、当時の日本人にとってしっくりきたのではないか、そんな気もするのだ。
(当初、「休戦」とか「停戦」という言葉も使われていたように思うが、手元に資料がないので詳しくは触れない)

とはいえ、
「終戦の功労者」
とは言えても、
「敗戦の功労者」
とは言えないし、やっぱり、ゴマカシだったかな、とは思うけど。
そして、「敗戦」を「終戦」と言い換えたことが戦後の出発点で、そこから、いわば「ゴマカシの戦後体制」がスタートし、いまや我々の日常は「自己演出」なる言葉にまみれ、「フィクション」にギドギドに彩られた偽りの現実社会に慣れさせられている現状は、そこを起点にしているようにも思う。
「リアル」の喪失と引き換えに、70年近い平和という「フィクション」を手に入れた、そう捉えることもできるだろう。


ページトップ
 プロフィール  
 
投稿記事Posted: 2014年8月03日(日) 17:18 
オフライン
管理人

登録日時: 2014年7月25日(金) 11:06
記事: 72
「我々の日常は「自己演出」なる言葉にまみれ、「フィクション」にギドギドに彩られた偽りの現実社会に慣れさせられている現状は、そこを起点にしているようにも思う」
と書いたことの補足。

それを「バーチャル」という言葉で表現すれば、いま我々が暮らす現在の日本社会には、「バーチャルという病」が広く進行している、そんな気もしている。

病の一方は、「バーチャル」が現実化してしまうということ。電車の中で見つめるスマホの画面、SNSの中で構築した、自己演出という名の偽りの自分が本当の自分で、現実社会を生きる自分はじつは仮の姿なのよという、要は夢と現実とどっちがどっちか区別がつかなくなった中国の昔話のような状態がリアルに現出しているという、痛々しい現実。

もう一方は、そうした偽りの「バーチャルな現実」に堪えられない人々を生み出しているのではないかということ。常人には理解しがたい残虐な事件がときに世間を騒がせているわけだが、あれらの社会的な要因として、この滑稽な「バーチャルごっこ」の反動、という面がありはしないか。

リアルな世界から見たら、我々は「不思議ちゃん」の集団に見えているのではないか。そしてこれまで、「お約束のバーチャルごっこ」で70年近い平和社会を享受してきたわけだが、今後もその「プレイ」が続けられるという保証はないし、そもそも、それは一体、誰の思い通りのことだろうか。

(最後のフレーズは浜田省吾デビューアルバムから拝借)


ページトップ
 プロフィール  
 
投稿記事Posted: 2015年1月27日(火) 08:53 
オフライン
管理人

登録日時: 2014年7月25日(金) 11:06
記事: 72
引用:
「終戦の功労者」
とは言えても、
「敗戦の功労者」
とは言えない


と書いたことの補足。

昭和天皇の聖断によって終戦がもたらされた。
と、これまで言われてきた。
(この「定説」が、今後も不変であるかどうかはともかくとして)
この文脈に入るのは、やはり「終戦」であって、「敗戦」ではない。
そして、この「ストーリー」を、これまで日本人は、おそらく、しぶしぶといった体ではなく、むしろ喜んで、受容してきた、ように思う。
何故だろうか?
それは、たとえば、『ヤンキー化する日本』の斎藤環が主張するような「変わらなさ」、
引用:
表面だけ追随しても深層は一切、変えないための柔軟さを日本人は持っているのです。(朝日新聞2015.1.10朝刊p4)

と、密接な関係があるように思う。

おそらく、「終戦」というフレーズが、当初は官僚の「ごまかし」(拙著p322)、言葉の「方便」から始まったとしても、それを受け容れ、肯定し、あれは終戦だったと「自己規定」してきたのは、ほかならぬ我々日本人であったのだろう。

…といった自己批判も含めて、やはり、終戦であったのだろうと、僕は思う。


ページトップ
 プロフィール  
 
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 3 件の記事 ] 

All times are UTC + 9 hours


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]


トピック投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

検索:
ページ移動:  
cron
Powered by phpBB® Forum Software © phpBB Group
Japanese translation principally by ocean